カテゴリー別アーカイブ: 総務

総務

SOMPO美術館に行って来ました!

お久しぶりです。 総務課の渡邉です。 先日、今年7月に新美術館として開館した『SOMPO美術館』に家族で行って来ました。 私自身は相変わらず美術品には疎いままなのですが、あの有名な「ゴッホのひまわり」を一目見たいと思いまして同行しました。 場所は東京都新宿区にありまして、道路向かい側には印象的なデザインで有名なモード学園コクーンタワーが天に向かってそびえ立っていました。 (直接見ると本当にインパクト大です!私以外にも写真を撮っている人が居ました・・) SOMPO美術館のデザインはコクーンタワーと比べると少しおとなしめな感じで、私はスライスされたカステラを連想してしまいました。 美術館の入口付近に東京都都市整備局の標識が設置されておりまして、読んでみると美術館の広場と通路は地区の環境整備に有効な空地として設けられたものだという事だそうです・・・?? 不動産屋に勤務している私ですが「・・・へえ~」と自信無さげな溜息しか出ませんでした。(もっと勉強しなければなりませんね) 気を取り直して入館すると、全体的に白を基調とした内装で、オープンしたばかりの建物らしく微かな新築物件特有の香りがしました。 展示フロアは3階に分けられておりまして、エレベーターと階段で移動できます。 基本的に展示されている作品は撮影禁止ですが、幸運な事に一部の作品は撮影の許可が下りていましたので撮影しました! 「アリスカンの並木路、アルル」 ポール・ゴーギャン 「帽子の娘」※左・「浴女」※右  ピエール=オーギュスト・ルノワール 「りんごとナプキン」 ポール・セザンヌ 日本では有名な画家になるそうです。(私は良く解っておりませんが・・・汗) そして、ついに・・・念願のひまわりとご対面!! ちなみに写真は美術館の入口に展示されていた模造品です。 (本物は撮影禁止でした) 格の違いを見せるかのように他の作品群とは別にショーケース展示されていまして、 薄暗い照明の中でも鮮やかなオレンジとイエローのひまわりが威風堂々と咲き誇っていました。 出口近くのエントランスには記念撮影スペースが設けられておりまして、 沢山の見学者が列を成していました。

カテゴリー: 日常, 総務 | コメントは受け付けていません。

ビル群に囲まれた日本庭園

ご無沙汰しております。 総務課の渡邉です。 先月末に緊急事態宣言が解除されまして本当に良かったです。 今回の内容はちょうどコロナ問題が深刻化し始めた頃(施設が閉鎖され始めた頃)に 訪れた小石川後楽園になります。 東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園で、江戸時代初期に水戸徳川家の江戸屋敷内に造られた日本庭園で国の特別史跡及び特別名勝に指定されているようです。 私は初めて訪れたのですが、こんな場所に日本庭園があるのかと驚いた記憶が強く残っております。 受付を通り庭園に入ると、 「お、お~!」 と思わず声に出してしましました。 広い敷地に見事な日本庭園がその姿を見せてくれたからです。 間違いなく都会のオアシス! 背後には現代社会の象徴である無機質なビル群を従えながら 日本庭園としての趣をそのままに残した立派な姿に 訳もなく感動してしましました。 訪れた時期が悪かったのか(開花時期の確認なしで来てしましました) 桜は散り、梅はまだら状態で華やかな色彩はほとんどありませんでしたが、 池の水面の深い青色と庭木の緑色が確かな存在感を現わしていました。 平日の午後ということもあり、庭園にいるのはランチタイムのサラリーマンか近所の高齢者ばかりで人影はまだら・・・ おかげでゆっくりと散策する事ができました。 多忙な日常から離れて、心を体をゆっくり休める場所としてお薦めできます。 ちなみに、 池の端でパンパンと手を打ち鳴らすと、結構な数の鯉が集まってきました。 鯉よ、コイコイ・・・ 以上です。

カテゴリー: 日常, 総務 | コメントは受け付けていません。

公園の中のSLを見上げて

お久しぶりです。総務の渡邉です。 私がお世話になっている図書館に隣接している公園があります。 昭和48年から地域の皆さんに愛されている鹿沼公園です。 運動場やテニスコート、野球場等の施設があるのですが、 今回皆さんに紹介したいのは蒸気機関車になります。 観て下さい!この雄姿を・・・ 現代の洗練された電車とは全く異なるデザインの魅力は 今でも色褪せる事はないでしょう。 案内板には蒸気機関車(D52-235)に関する説明がありました。 戦後まもなく誕生してから30年近く蒸気を吹かしながら函館と室蘭を走り抜け、 後に引退して神奈川の相模原市に来たようです。 40代の私よりもはるかに先輩です。 現役時代は数えきれない貨物を運び、戦後復興の礎の一つとして 人々のくらしの助けになっていたことでしょう。 今は公園の一角でその巨体を涅槃像のように休めていますが、 現役当時はきっと毎日大活躍だったに違いありません。 このゴツゴツと逞しい顔! 目を閉じれば、猛々しく蒸気雲を巻上げながら北海道の大地を駆け抜ける 蒸気機関車の姿が容易に思い浮かべることが出来るのではないでしょうか? メカメカしくある意味機能美に満ちた美しいデザイン・・・ 最低限の設備と機能で頑張ていた事が外見からも覗えます。 諸元表でしょうか? 蒸気機関車(D52-235)のスペックが表示されています。 いや~~、凄いと思います。 現役時代は世の中の発展に貢献し、引退した後でもその存在を誇示しています。 人間に例えれば偉人レベルですよね。 母親に連れられた小さな男の子が、 蒸気機関車を指さして大きな声で歓声を上げていたんですよ! 刻を超えても無垢な心を響かせる絶対的な何かが、 感じるモノがあったのではないでしょうか・・・ ふと・・・思います。 自分は目の前の蒸気機関車の様に何か世の中に残せるのかと・・・ 太古の爬虫類を思わせる黒い巨体を 星野鉄郎のような若く熱い眼差しで見上げながら 年甲斐もなく考えてしましました。

カテゴリー: 日常, 総務 | コメントは受け付けていません。

アサガオ見つけました!

図書館の帰り道に青いアサガオを見付けました。 見かけた場所は花壇ではなく人の手が入っていない雑草にまみれた空き地でしたが、 あまりに綺麗で深い青色が私の目を惹きつけたのでしょう。 思わず写真を撮ってしまいました。 私が小学生だった頃に学校で育てていたことがありましたが、 もう30年以上前の話になりますので、 じっくりとアサガオの花を観察したのは随分と久しぶりになります。 健気に花を咲かせているアサガオを見ていたら、生まれ育った故郷の友人達の顔が 唐突に頭に浮かんできました。 花を見て何を思い出すのかは人それぞれですが、 私にとってアサガオは故郷の同級生だったのです。 逢って話したい人、謝りたい人・・・沢山います。 故郷を離れ神奈川に住み始めたのは四半世紀前の事で、 既に25年住み続けている神奈川は間違いなく私にとっては第二の故郷と 言えるかもしれません。 何しろ神奈川に住んでいる時間の方が長いですから。 懐かしい故郷の風を運んでくれたアサガオに感謝を・・・ ちなみに、アサガオの花言葉は、 「愛情」「平静」「愛情の絆」「結束」「短い愛」「明日もさわやかに」「はかない恋」

カテゴリー: 日常, 総務 | コメントは受け付けていません。

東京湾に浮かぶパーキングエリア:海ほたる

お久しぶりです。総務課の渡邉です。 お盆休みに家族を連れて海ほたるに行ってきました。 何故お盆に海ほたる?なのかは私も分かりません! しかし、東京湾アクアライン自体は何度も利用していたのに、 今まで海ほたるを利用した事は一度もありませんでしたので、 家族の提案に便乗する事にしたのです。 当日は台風の影響もほとんど無く快晴で、絶好の外出日和になりました。 高速道路も比較的空いていてナビ通りの所要時間で現地に到着しましたが、 既に駐車場は車で一杯!? 昔の空母の艦橋?のような建物が印象的です。 (さしずめ駐車場部分が甲板といったところでしょうか・・・) 駐車場から長いエスカレーターを昇り、一気に展望台(デッキ)に出ると、 周りは一面海なので大型の客船から観えるような光景が目に飛び込んできました。 ちょうど人気漫画ワンピースとのコラボイベント(カフェ?)が期間限定で開催されていました。 至る所にポスターやノボリ、立て看板が設置されていて、ファンの人と思われる方達が記念撮影をして楽しまれていました。 野外の展示で目を惹いたのは巨大なUFO?ではなく、東京湾アクアラインの海底トンネル工事の際に使用されたシールドマシンのカッターフェイスの復元したオブジェです。 (カッターの直径は14.14mと世界最大規模だったらしい・・・) 最後に向かったのはお約束のお土産コーナー!! 様々な特産物やお菓子類があったのですが、私が気になったモノは、 この奇妙な飲み物です。 「メロンパンサイダー」・「カレーパンサイダー」・「うなぎサイダー」 とても興味はあったのですが、小心者の私は購入を控えてしまったのです。 (どなたか私の代わりに試して下さい・・・) 施設内には来場者を楽しませてくれる様々なオブジェが点在してまして、 思っていたよりも楽しめました。 一度皆さんもお越しになっては如何でしょうか? フェリーに乗船しているような気分が味わえますよ!

カテゴリー: 日常, 総務 | コメントは受け付けていません。

みんなのミュシャ

お久しぶりです。総務課の渡邉です。 先日夫婦で東京都渋谷区の【bunkamura ザ・ミュージアム】で開催されているミュシャ展2019に行ってきました! ミュシャと言えば日本でも人気が高く、今まで何度も展示会が開かれておりますので、どこかで一度は見たことがあるのではないでしょうか? 今回の展示会でもアール・ヌーヴォーを代表する芸術家である、アルフォンス・ミュシャの華やかで繊細な作品達を楽しむことができます。 ミュシャが子供の頃に描いた珍しい作品や、20代に手掛けたデザイン画やイラスト、そしてミュシャの出世作品とも言えるポスターなど、ミュシャの原点と作品の魅力が満載の展示内容になっていました。 また、撮影可能エリアもありまして、スマホで記念撮影しているお客さんがたくさん居ました。※もちろん私も並んで撮影しました さらに、今回の展示ではミュシャ作品から影響を受けた明治時代の文芸誌の挿し絵から、1960~1970年代のイギリスやアメリカを席巻したアートイラスト作品、現代の日本の漫画家やアーティストの作品まで、250点あまりの作品も楽しむ事が出来ます。 中には40代の私が思わずムフフとしてしまう作品もありました。 今回の展示会で感じたのは、80年余りの時代を超えても愛され続けるミュシャ作品の魅力とその影響力です。 きっと、これからの未来のアーティスト達にもミュシャの魂が受け継がれていくのだと思いました。

カテゴリー: 日常, 総務 | コメントは受け付けていません。

印象派の絵画展に行きました

ご無沙汰しております。総務の渡邉です。 先日家族で渋谷の絵画展に行ってきました。 私自身は芸術には疎く作品の価値や良さ等は全く分からないのですが、 鑑賞が好きなので定期的に展覧会に足を運んでいます。 今回行ってきたのは『印象派への旅 海運王の夢-バレル・コレクション-』です。 注目すべきは、海運王バレルが収集した世界屈指の絵画コレクションが、 初来日しているという点になります。 通常イギリス国外への持ち出しが禁止されている作品なので、イギリスのグラスコー市に行かなければ観る事が出来ないのですが、2015年からバレル・コレクションが改修工事により閉館しているため、国外への作品の貸し出しが可能になり、奇跡的に日本で実現した展示会なのです。 ゴッホ、ルノワール、ドガ、セザンヌ等の日本でも有名な巨匠の作品が展示されておりまして、一部展示エリアでは撮影も許可されてました。 渋谷に来られた際にはご興味があれば足を運ばれてもよろしいかもしれません。 会場は渋谷にあるBunkamura ザ・ミュージアムにて、 今月の6月30日(日)まで開催されています。 次回の予告もありまして、 7月13日からミュシャ展がはじまるようです。 個人的に好きな画家なので楽しみです。 それではまた。

カテゴリー: 総務 | コメントは受け付けていません。

年末年始営業のご案内

拝啓 年の瀬も押し詰まり、ご多用のことと存じ上げます。 さて、誠に勝ってながら、弊社の年末年始の営業は 平成27年12月29日(火)から 平成28年1月4日(月)まで お休みとさせて頂きます。 皆様にはご迷惑お掛け致しますが、何卒ご容赦願います。 また、今年一年ご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますとともに、 皆様のご多幸をお祈りいたします。 敬具

カテゴリー: お知らせ, 総務 | タグ: | コメントは受け付けていません。